1. トップページ > 
  2. 転職お役立ちコラム > 
  3. 薬剤師における退職までの流れと退職をスムーズに進めるポイント

薬剤師における退職までの流れと退職をスムーズに進めるポイント

薬剤師における退職までの流れと退職をスムーズに進めるポイント

退職届
転職活動には今お世話になっている会社の退職もつきものです。

会社を辞める事がはじめてでどのように進めていけば良いか分からないという方も多いと思います。

このコラムでは退職までの流れと退職をスムーズに進めるポイントについて紹介していきます。

退職までの流れ

退職流れ
  • 退職意思の表示
  • 退職日決定
  • 退職届提出
  • 残務整理、引き継ぎ
  • 退職当日
「◯日までには退職したい!」

と思っていても、そこから逆算して手続きを進めなければ、希望する時期に退職できないこともあります。

転職先が決まっている人は次の会社の入社日との兼ね合いもあるので、流れを把握して、
着実に進めるようにしましょう。

退職意思の表示

会社を辞める際に、
一番パワーを使う場面です。

労働基準法では、
退職の意志表示をした2週間後には退職できると定められていますが、
退職日までにやらなければならないことはたくさんあります。

円満に退職するためにも、
切り出すタイミングを見極めて1.5~3カ月前には退職の意志を伝えるようにしましょう。


退職を伝える相手は、直属の上司です。

「今ちょっとよろしいですか?」
などと声をかけ、別室に誘導します。

勤務時間中に退職の話をしてほしくないと考えている会社もあるので、
休憩時間や勤務終了後に切り出すのがベター。

この時、直属の上司以外にアポを取るのはマナー違反です。

「大事な話が、自分を飛び越えてやりとりされた」と直属の上司の気分を損なうことになり、
そのことが原因でトラブルが生じてしまうかもしれませんので注意が必要です。

退職日決定

具体的な退職日は、退職交渉の中で決めることが多いです。

業務の引き継ぎや有給消化にかかる日数などを計算して、あらかじめイメージしておくのがベターでしょう。

ただ、会社の都合もあると思いますので上司と相談しながら決定しましょう。

また、転職先が決まっている場合は、
入社日との調整も必要です。

退職願提出

自己都合退職の場合、退職届の提出を求められることがほとんどです。

退職交渉が終わった後に提出するのが一般的です。

ドラマで見るように退職交渉もせずにいきなり退職願を突きつけるような真似はくれぐれもやめましょう。

また、退職届は一旦提出してしまうと撤回できないので注意が必要です。


書き方は会社に退職願のフォーマットがあれば、順に記入していきます。

フォーマットがなければ、
白地の用紙に縦書きで
「退職理由・退職日・退職願を記入した日付・署名・捺印」を記します。

封筒も白地とし、表には「退職願」と記します。
裏側には名前と部署を明記。
念のために、退職願のコピーを控えで持っておくと良いでしょう。

退職願を提出する時期は、
退職日の1カ月前から遅くとも2週間前までに直属の上司に直接手渡すようにしましょう。

残務整理、引き継ぎ

退職日まで引継ぎを完了するための「引継ぎスケジュール」を作成するのが良いでしょう。

引き継ぎ漏れも防ぐ事ができます。

引継ぎは後任者との実作業はもちろん、
業務の内容・フローを「引継ぎノート」にまとめて引き渡すことで仕事の全体像が伝わるでしょう。

また調剤薬局ではお世話になっている門前の先生もいるはずです。

門前の先生の元へ後任者や上司とあいさつに伺い、自分が辞めた後も業務が滞りなく進むことを説明しましょう。

いらぬ心配を掛けないことも社会人のマナーと心得ておきましょう。

退職当日

各種手続きなどがあるので退職当日の出勤は早めに。

情報の持ち出し、取引先から受け取った名刺のファイルなどのコピーは厳禁。

退職しても関係先とどんな形でかかわるか分からないので、社内外へのあいさつは丁重にしておきましょう。

お世話になった方にはあいさつ状や御礼メールを事前に作成しておき、退職当日の最後にバタバタしないようしましょう。

退職をスムーズに進めるポイント

退職ポイント
  • 退職を伝えるタイミング
  • 退職理由の伝え方
  • 辞める覚悟を再確認する

退職を伝えるタイミング

退職者が増えるシーズンは、一般的に年末の12月と年度末の3月。

退職を年度の区切り目に合わせることで、
後任の手配もしやすく引き継ぎの作業を社内・社外的にスムーズに進めることができるからです。

退職を切り出すタイミングとして避けたいのが繁忙期。

猫の手も借りたい時期に
「薬局長、お話があります。私、来月をもちまして……」と退職を切り出しても、

「今は忙しいからまたにして!」と、
取りあってもらえない可能性があります。

よって、上司の都合がつきやすく、
気持ちに余裕がある閑散期のタイミングを選んで退職を伝えるのが正解です。

調剤薬局ではインフルエンザや花粉症が流行する時期は上司の余裕もなくなっているので特に避けたほうがいいかもしれません。

退職理由の伝え方

上司への退職意思の伝え方にもコツがあります。

辞めたい原因がなんであれ「会社や上司への不満や批判」を直球で伝えるのは避けましょう。

会社への不平不満をぶちまけて上司の気分を害してしまっても何の得にもなりません。

退職理由はあくまでも個人的な理由を伝えるのが鉄則です。

退職理由として
「今後この分野で、こんな仕事をしていきたい」
という気持ちを正直に伝えましょう。

退職の時期は
「○月までに退職を考えています」
と会社に相談するような表現で伝えるのがベストでしょう。

円満退職を目指すためにも、
「お世話になったのですが」とまずは上司や会社を敬う言葉を述べ、
丁寧で落ち着いた表現で退職したい旨を伝えましょう。

辞める覚悟を再確認する

一度切り出した退職は初志貫徹が基本です。

退職の意思を示すと会社が引き留め交渉をしてくる可能性があります。

引き留めに応じたとしても、
退職を試みた事で出世ルートから外れてしまうなんてこともあり得ます。

退職を伝える前に、仕事観やキャリアプランを見つめ直し、
「退職の覚悟」を再確認しましょう。

いかがでしたでしょうか。

会社を辞めるというのはかなりエネルギーの必要な事だと感じたかもしれません。

だからこそ、退社までに何をしなければならないかを逆算して転職・退職活動をして欲しいと思います。

お世話になった上司・先輩に退職の意思を伝えるのは心苦しいこともありますが、
ぜひ自分の意思を大切にして円満な退社をして頂ければ幸いです。

お問い合わせContact

お気軽にお電話もしくは
メールでご連絡ください。
薬剤師に特化した
プロのコンサルタントが
無料サポートいたします。