1. トップページ > 
  2. 転職お役立ちコラム > 
  3. 薬剤師のための履歴書の書き方

薬剤師のための履歴書の書き方

薬剤師のための履歴書の書き方

履歴書は面接官が応募者について知る一番初めの資料です。

実生活と同じように履歴書でも
「第一印象」が非常に大切です。

当然、面接官は履歴書を見て
様々な質問をしていくわけですが、

履歴書に誤字がある場合や、
志望動機に意欲が見られないと感じる場合、
不採用と残念な結果となることもあります。

皆さんにはこちらのページで履歴書の書き方・心構え・注意点を確認して頂き、
自分自身をアピールできる履歴書を作成して欲しいと思います。

履歴書の書き方見本

履歴書

履歴書の書き方

履歴書
  • 基本項目の書き方|日付・氏名・住所など
  • 学歴・職歴欄の書き方
  • 免許・資格欄の書き方
  • 志望動機・自己PR欄・趣味特技の書き方
  • 本人希望欄、通勤時間、扶養家族、健康状態など

①基本項目の書き方|日付・氏名・住所など

日付

履歴書に使う日付の年号は、
西暦(例:2019年)でも和暦(例:令和)でもどちらでもかまいません。

学歴欄など履歴書内の他の項目の年号と表記を統一しましょう。

また、「令和」を「R」とするなど元号を略さず、正式に漢字で記入します。

右上の日付は、持参の場合は面接当日、郵送なら投函日、メールなら送付日を記入します。

住所

都道府県から書きます。
ふりがなは、番地を除く町名、マンション名などの建物名まで書きます。

証明写真

写真サイズは一般的に最大縦4cm×横3cm。

3カ月以内に撮影したものを使います。

胸から上の正面のアングルで顔が髪などで隠れないようにします。

写真の裏に氏名を書いて貼ると良いでしょう。

連絡先(電話、メールアドレス)

電話番号は、2つ欄がある場合は、固定電話とスマホなど携帯電話の番号を併記します。

携帯のみの場合は、1つで構いません。

「現住所欄」の下に「連絡先欄」がある場合、現住所と同じであれば、「同上」と書きます。

メールアドレス欄が無い場合は、「連絡先欄」にメールアドレスを記入してもOKです。

②学歴・職歴欄の書き方

学歴と職歴欄は、1つになっている事が多く、学歴>職歴の順で記入します。

最初に「学歴」と1行目の中央に書き、
学歴を書き終えたら、1行開けて「職歴」と書きます。

最後に「以上」と右端に書き忘れないようにしましょう。

学歴欄

学校の入学・卒業を上から古い順に記入します。

最終学歴が高校入学以上であれば、「〇〇高等学校 卒業」からで良いでしょう。

学校名は「〇〇高校」と略さず、「高等学校」などと正式名称で書きます。

学科、学部、コース、専攻なども正確に記入します。

職歴欄

入社及び退社歴を上から古い順に、
正式名称で社名を記入します。

異動・昇格・出向などの経歴も年月とともに付記します。

在職中の場合は、入社歴などを書いた後、
改行して「現在に至る」もしくは「在職中」と書きます。

過去の職歴を全て書くのが原則ですが、
中途採用で職務経歴書を別に提出する場合は、履歴書の職歴は、入社退社など簡潔でも構いません。

職務経歴書を提出しない場合は、
職歴欄に雇用形態や勤務先の事業内容・業員数・所属部署・職務内容などを付記する方法もあります。
これからの薬剤師転職には職務経歴書も必要になる!?

③免許・資格欄の書き方

「薬剤師免許 取得」「〇〇検定 合格」のように記入します。

免許や資格は古い順に記入してもよいですが、
応募先企業や志望職種に役立つものから書くと採用担当者の目にとまりやすくなります。

+αで認定薬剤師や実務実習認定薬剤師、スポーツファーマシストなどの
薬剤師になってからの資格も書いていると有利に働くことでしょう。

また、滋賀県ではJ R沿線ぞい以外は車がないと不便な地域も多くあります。

職場の立地によっては運転免許証の有無も重要になりますのできっちり記入しましょう。
※)余談ですが、2024年の国体は滋賀県で開催される予定です。

従って、滋賀県薬剤師会としてもアンチドーピングの面でスポーツファーマシストの需要も高まっております。

スポーツファーマシストとして企業にアピールできる可能性があり、資格を活用できる機会もあることでしょう。

④志望動機・自己PR欄・趣味特技の書き方

履歴書によっては、自己PR欄がなく、
志望動機欄のみの場合もあります。

志望動機には、
「その企業や職種を選んだ理由」を
「これまでの仕事の経験やスキル」や「仕事に対する意欲」に紐づけて書くと良いでしょう。

薬学部特有ですが、
薬局・病院での実務実習で感じた事を元に志望動機を書いていくのも一つの手段でしょう。

自己PR欄がある場合は、仕事の経験やスキルとともに成果やエピソードを加えて書きます。

⑤本人希望欄、通勤時間、扶養家族、健康状態など

本人希望欄

特に希望がない場合は、「貴社規定に従います」と記入し、空欄にしないようにします。

応募先企業で勤務する上でどうしても譲れない条件や、
募集要項に複数の募集職種がある場合は、希望職種を書くと面接がスムーズです。

通勤時間欄

ドアtoドアの最短時間を5分単位で記入します。

営業所などが複数ある場合は、
カッコ書きで「〇〇支店勤務の場合」などと付記します。

1時間を超える場合は「例、1時間10分」、
また1時間以内の場合は「例、0時間50分」のように記入します。

引っ越す予定があり、引っ越し先がわかっている場合は、引っ越し先からの時間を書きます。

扶養家族欄

扶養している家族の有無と、人数を記入します。

いない場合は0人と書きます。

健康状態欄

業務をするうえで影響がなければ「良好」と記入します。

業務に支障はないけれど、治療中で通勤日に通院する可能性がある場合は
「業務に支障はありませんが、〇〇のため月に1回定期検診が必要です」などと書きます。

病歴などを詳細に記入する必要はありません。

履歴書を書き始める前の心構え 4つのポイント

履歴書を書き始める前の心構え
  • 時間に余裕を持って作成する
  • 応募企業に向けた履歴書にする
  • 自分に合った市販の履歴書・フォーマット(テンプレート)を選ぶ
  • 必ず見直しをする

①時間に余裕を持って作成する

丁寧に心を込めて書かれた履歴書は、第一印象をアップします。

急いで書いた履歴書は記入ミスも多くなるので、提出前ギリギリではなく時間に余裕をもって作成しましょう。

②応募企業に向けた履歴書にする

採用担当者が魅力的だと感じる履歴書にするためには、
病院・薬局が求めている人材を理解し、
そこで活かせる職務経歴を強調する必要があります。

下準備として薬局・病院のホームページなどでビジョンや想いを確認することをオススメします。

志望動機も応募企業向けの具体的な内容になるよう意識しましょう。

③自分に合った市販の履歴書・フォーマット(テンプレート)を選ぶ

市販の履歴書や、ダウンロードできるフォーマットにはサイズや記入スペースが異なったさまざまな種類があります。

企業側からの指定がない場合は、A4・B5どちらかでなければいけない決まりはありません。

ですので、市販のものを購入する際は、
「自分をアピールしやすい項目の履歴書」であるかを確認することをおすすめします。
(例えば、職務経歴の項目が大きくとってあると、
就業経験のない方や経験が浅い方の場合は空白が目立ってしまいます。

そのような方は志望動機や自己PRの欄などが大きいものや、
企業が求めている資格を持っている場合は資格欄の大きいものを選ぶなどです。)

④必ず見直しをする

履歴書の記入にミスがあると、採用担当者に「仕事でもミスをしそう」という印象を与えてしまいます。

最後に必ずすべての項目を見直しましょう。

履歴書でのNGルール

NGルール
  • 鉛筆・シャープペンシル、消せるボールペン、修正液の使用はNG
  • 誤字・脱字・略字はNG
  • 空欄はNG
  • 古い履歴書の使いまわしはNG

①鉛筆・シャープペンシル、消せるボールペン、修正液の使用はNG

履歴書の記入には、鉛筆やシャープペンシル、消せるボールペンの使用はNGです。

黒色のペンかボールペンを使用します。

また、インクかすれやにじみにも注意しましょう。

書き間違えた場合、面倒でも最初から書き直しましょう。

書き間違いを減らすには、あらかじめ各内容を整理した「見本の履歴書」を作成し、
それを見ながら書くのがオススメです。

②誤字・脱字・略字はNG

誤字・脱字はNGです。採用担当者は、小さな誤字・脱字でもすぐに気づきます。

日ごろの癖で使ってしまう略字にも注意しましょう。

③空欄はNG

空欄なく記入された履歴書は、採用担当者に誠意と意気込みを伝えます。

資格や賞罰など書く事がない場合には、
「空欄=記入漏れ」と認識されることを防ぐため、「特になし」と記入しましょう。

④古い履歴書の使いまわしはNG

返送された履歴書をほかの企業に使いまわすのはNGです。

日付が古いままになっている履歴書は印象が良くありません。

面倒でも新しい履歴書作成しましょう。

いかがでしたでしょうか。

履歴書の書き方、心構え、NGルールなど注意することは多いと感じたことでしょう。

しかし、履歴書で好印象を与えることができれば、面接も良い雰囲気でできること間違いなしです。

「履歴書を制するものは面接を制す」です。

しっかり確認して第一印象の良い履歴を作成していきましょう。

お問い合わせContact

お気軽にお電話もしくは
メールでご連絡ください。
薬剤師に特化した
プロのコンサルタントが
無料サポートいたします。