1. トップページ > 
  2. 転職お役立ちコラム > 
  3. 滋賀県における薬剤師転職の年収基準は?

滋賀県における薬剤師転職の年収基準は?

滋賀県における薬剤師転職の年収基準は?

薬剤師転職の年収基準
滋賀県で薬剤師の転職を考えているあなたは
何を基準に転職先を探しますか?

職場環境・業務内容も勿論ですが、
年収・待遇を見て転職先を探すことの方が多いでしょう。

そこで、こちらの記事では滋賀県内での薬剤師転職の年収について書いていきます。

転職先を探すときの一つの判断材料となれば幸いです。

滋賀県の薬剤師年収は低め?

年収低め画像
結論から言いますと
滋賀県は薬剤師の年収が高いエリアとは言えません。


薬剤師転職の業界大手である薬キャリでは、
都道府県別の薬剤師年収ランキングを公表しております。
薬剤師年収ランキング画像
薬剤師年収ランキング滋賀
薬剤師年収ランキン平均
2018年度でのデータでは
滋賀県の平均年収は487.3万円(全国41位)となっております。

全国平均543.8万円から約55万円も低い年収です。

滋賀県の薬剤師年収が低い理由

年収が低い理由
ただ、この結果を見て肩を落とさないで欲しいと思います。
滋賀県の薬剤師年収が低いのにはちゃんと理由があります。

理由①  滋賀県周辺には薬大が多いから

滋賀県の人口あたりにおける薬大の数は多いと考えられます。
滋賀県の人口は2018年のデータでは141万人
全国の人口1億2650万人なので全国の1.1%が滋賀県に住んでいる計算となります。
次に大学の数を見ていくと
2020年現在では国立14大学、公立4大学、私立57大学の合計75大学があります。

そのうち滋賀県にあるのは立命館大学の薬学部のみとなりますが、

大津駅(滋賀県)の隣にある山科駅(京都府)には京都薬科大学もあるので、
滋賀県周辺には2つの薬大があると考えられます。
では次に立命館大学と京都薬科大学の新卒の薬剤師国家試験合格人数についてみていきます。
2020年(第105回薬剤師国家試験)では9958人もの新しい薬剤師が誕生しました。

そのうち立命館大学では75人、京都薬科大学では335人もの国試合格者を出しております。

この数を全国の合格者の数で割るとそれぞれ0.7%、3.4%の薬剤師が滋賀近辺の大学から生まれている計算となります。
上記2校全ての薬学生が滋賀県に就職するではありません。

しかし全国的に1.1%の人数しか住んでいない県に、
薬剤師が0.7%と3.4%排出される大学があるというのは新卒採用をしやすいエリアということが考えられます。

すなわち倍率が高いエリアと考えられます。

理由② 平均年齢が低いから

先ほど滋賀県はライバルが多いエリアという話をさせていただきましたが、
これは新卒採用が多いエリアということになります。

そうなれば平均年収が下がるのも頷けるわけであります。

その結果がデータとしても現れており、
薬剤師年収ランキング画像
薬剤師年収ランキング滋賀
薬剤師年収ランキン平均
滋賀県のこのデータにおける平均年齢は28.1歳と全国で唯一の20代で断トツ一番の若さなのです。
(全国平均39歳)
このことから滋賀県の薬剤師平均年収が低いことを悲観的に考えないでいいと私は考えます。

逆に平均年齢が高いのに平均年収もそこまで変わらない関西都市部は
年収だけを見るとそこまでオススメではないのかもしれません。

備考ですが
奈良県は平均年収が高いエリアで
777.3万円(2018年度では1位)の年収となっております。

これには2つの理由があり
一つは薬剤師不足地域であるということ

二つ目に在宅注力地域であるため薬剤師への年収に反映しやすいということがあげられます。

在宅に注力したいという方は大変な仕事ですが奈良県も見るのは良いかもしれません。
ランキングトップ

地域別薬剤師年収について

滋賀県は京都・大阪からの交通の便がよく、
駅周辺の発展や住みやすさがかなり高まっております。

特に大津市や草津市は、高い薬剤師人気を誇るエリアとなります。

都市部以外になりますと少し離れる
甲賀市や長浜市、東近江市、高島市となるとやや人気は劣るようで、
薬剤師の年収も良くなる傾向にあります。

このようなエリアになりますと滋賀県の平均年収(487.3万円)よりも高い求人を探しやすいでしょう。

このような都市部から離れたエリアは公共交通機関でも通勤しにくい事が多いので車が必要であるかの確認も必ずしましょう。

高年収先を探す方法

高年収先を探す方法

都市部エリア以外の求人を探す

先ほどの記載でもありましたが、滋賀県の都市部以外の求人
(甲賀市、高島市、東近江市、長浜市など)は年収が高くなる傾向があります。

エリアにこだわりが無い方や、実家・住まいがこのようなエリアの方はぜひ都市部から離れたエリアでの求人をオススメします。

管理薬剤師の経験・認定薬剤師の資格をアピールする

滋賀県は薬剤師の平均年齢が非常に若いエリアとなっております。

そのため、
薬剤師としての経験が浅い人が多く管理薬剤師をやった事のない人や認定薬剤師をとっていない人も一定数いると考えられます。

このような理由から、
中途入社の方でも上記のような管理薬剤師・認定薬剤師やその他の特殊な経験の持ち主は重宝される事間違いなしです。

資格・経験のある方は面接で積極的にアピールをして、
高年収をゲットして欲しいと思います。
高収入転職を引き寄せる方法(調剤薬局、ドラックストア)

お問い合わせContact

お気軽にお電話もしくは
メールでご連絡ください。
薬剤師に特化した
プロのコンサルタントが
無料サポートいたします。