1. トップページ > 
  2. 転職お役立ちコラム > 
  3. 薬剤師転職にも職務経歴書は必要となるか?

薬剤師転職にも職務経歴書は必要となるか?

薬剤師転職にも職務経歴書は必要となるか?

薬剤師転職においても
職務経歴書は履歴書と同等以上に自分のことをアピールできる資料です。

職務経歴書の書き方のポイントを押さえて
面接官に興味を持ってもらう職務経歴書を作りましょう。

職務経歴書とは?

職務経歴書
職務経歴書とは、これまでの業務経験や得意なスキルなどをまとめた書類です。

履歴書のように定型のフォーマットはありませんが、A4サイズ1~2枚分でまとめるのが一般的です。

主な記載事項としては、
履歴書よりも詳細な職歴、活かせる経験・知識、自己PRなどがあります。

職務経歴書と履歴書の違い

職務経歴書と履歴書の違い
転職活動の際に提出を求められる履歴書と職務経歴書。
主な役割の違いは下記のとおりです。
  • 履歴書……住所などの基本情報や学歴、略歴など応募者のプロフィールを確認する書類
  • 職務経歴書……これまでの業務経験と、仕事で活かせるスキルを確認する書類
職務経歴書は基本的に提出が必須な書類だと考えて間違いありません。
(まれに提出不要のケースもあります。)

また、「職務経歴書に書くことがない」
と思っている場合でも、職務経歴書は採用側が書類選考で合否の判断に使うものです。

また面接時にも手元資料として使われるものですから薬剤師転職においても必ず用意しましょう。

職務経歴書の見本

職務経歴書のフォーマットは特に決まっていません。

そのため、自身のキャリアやアピールしたいポイントに合わせて、構成を考えることが肝心です。
職務経歴書見本

職務経歴書の書き方

職務経歴書の書き方
  • 記入年月日と名前を明記
  • 経歴要約
  • 職務経歴
  • スキル・特技など
  • 活かせる資格
  • 自己PR

①記入年月日と名前を明記

右寄せにして、記入した年月日と名前を書いておきましょう。

②経歴要約

一見して「どんな経験を持ち、何ができるか」が分かるように、冒頭に要約を入れておくと採用担当者に経歴を伝えやすくなります。

これまでのキャリアを端的に意欲的に伝えるようにしましょう。

③職務経歴

履歴書とは異なり、詳細に職歴を記載します。

形式は時系列かキャリア別など複数ありますが、自身の経歴が一番魅力的に伝わる形式を選ぶようにしましょう。

客観的に判断ができるように、実績などは数値を用いて伝えた方が評価を高く得られます。

特に応募職種で活かせる経験については、しっかりと具体的に記入するようにしましょう。

例えば、薬局薬剤師でしたら
  • 「病院門前薬局で1日200人近く患者さんが来る薬局で働きました」
  • 「在宅患者さんも5人担当していました」
  • 「認定薬剤師を取得し、かかりつけも10人登録していただいていた」
などの具体的な経験を記入するといいでしょう。

④スキル・特技など

パソコンスキルや語学力などを記載するといいでしょう。

⑤活かせる資格

応募職種に関わる資格や特技などを記載します。

履歴書にも同様に記入欄があるので、
補足するような情報を伝えるようにします。
  • 管理薬剤師の経験
  • 認定薬剤師の取得
  • 実務実習認定薬剤師の取得
などを記載しましょう。

⑥自己PR

自身の強みやこれまでの仕事で得た経験・スキルがどのように貢献できるのかを記載します。

経験が浅い場合は、意欲や姿勢などを伝えましょう。経験が少ない場合は重要視したい項目です。

評価されにくい職務経歴書とその対策

評価されにくい職務経歴書とその対策

転職歴が多い職務経歴書

こちらを読んでいる方の中には転職歴が多くて心配という方もいる事でしょう。

転職回数が多いと、「適応力不足」などのマイナスイメージを与えることは、
残念ながら現在でも多くの会社であることでしょう。

特に古い体質の企業などはその傾向が特に強いように感じます。

しかし、
対策さえすればネガティブなイメージも払拭できる可能性が高まりますので、
じっくり見つめ直していただければと思います。

転職歴が多い職務経歴書の際の対策

  • 職歴は全て記載する
  • 退職理由を話せるようにする

職歴は全て記載する

「転職回数が多いから不利になるのではないか?」
と言って、この部分を省略することは得策ではないでしょう。

後でばれるともっと痛手になる可能性もあるので、必ず全ての職歴は記載しましょう。

退職理由を話せるようにする

転職歴が多い方でも、転職に成功している人はもちろんたくさんいます。

転職を成功させている人は退職理由をしっかり自分の言葉で話せている事がほとんどです。

したがって、
退職理由はそれぞれの会社ごとにポジティブな退職理由で話せるようになっておきましょう。

例えば
  • ステップアップのため
  • 子供との時間を大切にしたかったので家から近い職場へ
  • 在宅医療がしたかったため
など

また、今回が最後の転職であり、
次は長く働いていきたい旨を強調することも良い印象を与えるのに重要です。
職務経歴書は履歴書と同等以上に自分のことをアピールできる資料です。

面接官はしっかり書かれている職務経歴書を見ると色々聞いてみたくなること間違いありません。

また、職務経歴書を書くことにより面接でアピールする内容の再確認にもなりますので、
薬剤師転職におきましても手を抜かず記載して頂ければと思います。

お問い合わせContact

お気軽にお電話もしくは
メールでご連絡ください。
薬剤師に特化した
プロのコンサルタントが
無料サポートいたします。